岩手野田村荒海ホタテ

ご当地グルメ特産品
とにかく味がきれい。甘くて美味しい!
岩手野田村荒海ホタテ

外海育ちの野田村産ホタテ

野田村のホタテは、潮通しがよく、水質がきれいな、淀みのない荒れた外海(そとうみ)の海流に揉まれて育ちます。

ホタテが育てられる野田湾の沖合は、生活排水の影響を受けやすい内湾に比べて圧倒的に水質がきれいで、ホタテのエサとなるプランクトンが豊富。外海の速い潮の流れに乗って、どんどん栄養が流れ込みます。

荒波に揉まれおいしいエサをたっぷり食べた 野田産ホタテは、身が締まった肉厚でぷりぷりの食感と、雑味が無い透き通った味が特徴です!

また、野田村は中成貝(殻長9cm未満の若くて小型の貝)の出荷が許可されている岩手県内唯一の産地。中成貝独特のやわらかでふっくらとした繊細な味わいは、成貝とはまた違った美味しさです。

20191201_IMG_8207.jpg

20191201_IMG_8141.jpg

 

野田式外海流育法~漁師の愛情たっぷりに育っています!

一般的な養殖の内湾ではなく、外海での養殖のため、高波、濃霧と「ホタテには天国、漁師には過酷」と言われます。

ホタテは約2年で成貝となりますが、野田村のホタテ養殖は耳吊り方式(稚貝の端に穴を開け、紐に通して海に沈める方法)ではなく、ホタテが自由に動けるネット・籠で育てます。

さらに、貝の成長に合わせてネットを入れ替えたり、付着物の除去作業などを行い、良好な栄養環境の維持と成長管理を行います。

そしてホタテを水揚げしたあとは、海水できれいに洗浄し野田港の低温地下海水をふんだんに使用した水槽(ホタテが好む冷温環境)で一時保管。

出荷時に最も元気な状態となるよう、最後までホタテのストレスフリーにこだわります。

blog_import_5832b5fac94f1.jpg

 

震災から立ち上がった漁師たち

東日本大震災の津波により、沖のホタテ養殖場や、港の市場、蓄養施設などすべて流失しました。漁師の命とも言われる漁船もほとんどが流され、壊滅的な被害を受けました。

しかし、漁師の皆さんは港の瓦礫の撤去をはじめ、流失を免れた2隻の船を修理して、関係者や村内外の多くの支援を受けながら、生産設備が徐々に復旧。平成24年に復旧にこぎつけ、震災前に毎年行っていた「野田ホタテまつり」を再開。村内外多くの方が野田のホタテを求めて港を訪れました。

そして平成26年には、漁場関係者などで組織した「岩手野田村荒海団」を結成。

2017年11月にはその品質が評価され、地理的表示(GI)に登録され国から認められた農林水産物となっています。

今後ますます漁師一丸となって、野田村産ホタテの生産に力を入れていきます。

IMG_2750.JPG

blog_import_5832b5f865bc8.jpg

 

 

関連イベント

野田ホタテまつり

毎年12月上旬~中旬に行われる「野田ホタテまつり」は、一年に一度、一般の方が蓄養施設(出荷前のホタテを一時保管する施設)から直接ホタテを購入できる冬の恒例イベントです。

blog_import_5832b605b2e3d.jpg

 

ここで買えます!

ネットぱあぷる(通販)

野田村産「荒海ホタテ」を通販でお求めいただけます。

【DATA】岩手野田村荒海ホタテ
ホームページ http://araumidan.jp/
ブログ記事 野田村観光協会のブログから『岩手野田村荒海ホタテ』を検索する

旅の目的から探す

ネットぱあぷる バナー

野田村 公式情報

野田村役場 バナー

道の駅のだ

道の駅のだ バナー

野田村の天気予報

野田村の天気 バナー

心と心でつながるのだ村民

岩手県道路情報提供サービス バナー

岩手県の観光情報

岩手の旅 バナー

岩手県

岩手県 バナー

岩手県北の観光情報

北いわて広域観光ポータルサイト 来て! 観て! 北いわて わいわい探訪 バナー

みちのく潮風トレイル

環境省 みちのく潮風トレイル バナー

環境省 三陸復興国立公園

環境省 三陸復興国立公園 バナー

三陸ジオパーク

三陸ジオパーク バナー

三陸鉄道

三陸鉄道 バナー

岩手県の道路情報

岩手県道路情報提供サービス バナー
隣接する市町村

(一社)久慈市観光物産協会

久慈市 バナー

普代村

普代村 バナー

(一社)岩泉町観光協会

岩泉町 バナー