blog_eyecatch.jpg

タグ「ウォーキングイベント」の一覧

先週土曜日、「冬の野田村ウォーキング」を開催いたしました。 今回は「みちのく潮風トレイル」ルートのうち 久喜漁港(久慈市)~十府ヶ浦海岸(野田村)間を歩きました!   『道の駅のだ』から久喜漁港へバスで移動、9時ウォーキングスタートで~す。 寒い日でしたが、歩くとすぐ身体があたたまってきました。 途中、作業中の番屋へ立ち寄ると、海藻を干している所でした。 ふのりかな?   さて、この辺りから砂浜に降りて大唐の倉(野田漁港)まで歩きます。 潮の満ち引きや高波で通れたり通れなかったりするんですが、 この日は幸い海岸沿いを歩くことができました 天然の干しアワビを発見したり(たぶんこのあとすぐ鳥さんが食べるでしょう・・) 足元の石や立派な地層、長いツララにロマンを感じたり 砂浜を歩くのは疲れますが楽しいですね!!   砂浜から野田漁港に出て御台場公園を経由し、道の駅へ向かいます。 道の駅であったかい甘酒おふるまい休憩。くぅ~、美味しい!   11時15分頃、野田村役場前の生涯学習センターに到着。 ちょっと早いけど、国民宿舎えぼし荘さんのお蕎麦で昼食です。 たくさん歩いてお腹すいた!天ぷら蕎麦が美味しい   そのあとは「ノルディックウォーキング講演会」 全日本ノルディック・ウォーク連盟の公認指導員でもある宮田恵先生は、盛岡にある病院の先生です。 医療ではカバーできない日常の運動の大切さ、体をつくる食事の大切さ、そしてノルディックウォーキングの効果についてなどご講演いただきました~ 歩くって大事。歩こう。 ちなみに宮田先生は村内で行われたハイキングイベント「塩の道を歩こう会」にも参加してくださったそうです。   さぁ、外へ出て皆さんも実際にやってみます!(ポールは今回レンタルです) 歩幅を大きく、肩から腕を振って、あごはひいて前を見て~ あれ?足と手が一緒に出ちゃう...(汗)   「ノルディック・ウォーク」を簡単に説明すると、スキーのストックのような2本のポールを持ちながら歩くというもの。 ポールを持つことで普通のウォーキングより歩幅が大きくなり、しっかりと腕が振ることで全身運動にもなり、フツーに歩くよりも効果的に運動できちゃいます ここからは十府ヶ浦公園を歩きます。 「みちのく潮風トレイル」ルートでは国道45号となっているんですが、今年度せっかく国道沿いに遊歩道ができたので、こちらを歩きます♪ 車が通らないので安心ですねー。   午後からは雪が降り出してきました。目に雪が入って冷たい。 宮田先生の歩く姿勢の美しさったら。 きちんと意識して歩くと、身体がねじれて二の腕とウエストにききます。これはシェイプアップできそう。   40分ぐらいで十府ヶ浦海岸のそばにある展望休憩施設「ほたてんぼうだい」に到着です 来月3月11日に除幕式を控えている「大津波記念碑」をご覧いただき・・・ そこからちょっと山の上へ登ります! ここはチラシにも使った山頂展望台で、 晴れなら眼下に青々とした太平洋が広がってるはずなんですが、残念、雪でまっしろ 晴れてれば久喜漁港の方まで見えたんですけどね~~。   さぁ、あと一息。『道の駅のだ』を目指します。この頃には雪がもっさもっさと。 というわけで、『道の駅のだ』でゴール!! お疲れ様でございました!   というわけで今回は「みちのく潮風トレイル」のルートを歩きつつ、 ノルディック・ウォークを体験して頂きました。   講師の宮田先生、ガイドさん、そして参加者の皆さん、ありがとうございました       今年の5月には野田村内でトレイルランニング大会(のだ塩の道トレイル実行委員会主催)が開催されます この日はちょうど主催団体の皆さんで下見を兼ねた村内巡りツアーも行われていました。   ご興味のある方は案内ページをご覧くださいね。   第1回のだ塩の道トレイル20K(参加者募集中)     (ハル) ≫野田村観光協会 ≫野田村役場公式 ≫のだ村に暮らすのだ! この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。 野田村観光協会Facebookページはこちら...

5月21日、野田村恒例のハイキング「塩の道を歩こう会」が開催されました。 ◆ かつて製塩が盛んだった時代、野田村の沿岸で焚かれた塩を牛(ベコ)の背に塩を乗せ内陸まで歩きました。 みちのくでは長く厳しい冬を耐えるには保存食に頼る比重が極めて大きく、海のない内陸部の人達は塩行商人の群を待ち焦がれていたといいます。 「塩の道を歩こう会」では、人と牛馬で何百年も踏みしめた「塩の道」をたどります。 陽射しに夏の気配が感じられます。   今回のコースは久慈市山根町上戸鎖からスタートし、野田村の最高峰「和佐羅比山わさらびさん」まで登ります。 下りは野田村日形井地区まで降りゴール。スタート・ゴール地点~役場まではバス移動になり、約12キロの行程となります。 さぁ、登るぞ~。   10時から出発して約1時間、「和佐羅比神社」手前(分かれ道のところ)に到着!   ここで少し休憩なので、休憩場所から少しだけ離れたところにある「和佐羅比神社」を見に行ってみました。 神社といっても、ずっと昔に火事で消失したそうでお社はありませんでした。 石の祠と、小さな鳥居はありますね。     あ、缶ビールがお供えしてあります・・・。     木が祀ってあります。御神木かな?               さて、戻って再開です。 ここから30分程、和佐羅比山の頂上を目指します!     キツイ~。しんどい~。       そしてついに・・・     12時10分頃、登頂!     天気もよく素晴らしい眺めです。 昨年は上まで行くことが出来なかったので嬉しいです。     下りは足取りも軽いですね。 さぁ神社前に戻ってお待ちかねのお昼になります。   塩の道を歩こう会スタッフさんが、あたたかい豚汁を準備して待っていてくれました。やったー。 「づがれだよ~」 豚汁と、野田村の銘菓「野田の撫でベコ」(のだ塩使用)。しょっぱい汁と甘いスイーツが嬉しいです。 あー美味しかった!   昼食休憩を終え、もうひとふんばり。 登りよりは楽ですが、急なのでこれもまたちょっと足がつらいです。   ハイキングの楽しみはやはり山野草の撮影。いろいろと見つけました。 登りではカメラどころではありませんでしたが、 帰りは下りとあって皆さん写真を撮ったり山菜を採る余裕もありました。 ピンク色のツツジが目をひきます。 野田村間明地区まで下りてゴールです! ゴールのあたりは鉄山跡で、製鉄した鉄で釜を作って塩を煮たということでした。 塩の行商は狭く険しい道のりで、無事に帰ってくれば、近隣・縁者を集めて祝宴を上げたそうです。     今回はスタッフ含め約30名でした。皆さんお疲れ様でした! 「塩の道を歩こう会」は今年の秋(9月)にも開催予定です。 興味のある方はチェックしてみてくださいね。 塩の道を歩こう会:野田村観光協会 (ゆぱ) ≫野田村観光協会 ≫野田村役場公式 ≫のだ村に暮らすのだ! この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。 野田村観光協会Facebookページはこちら   関連記事 2016春の野田塩の道歩こう会 - 2016年5月25日 野田の撫でベコ - 2012年11月12日...

... この塩の道にちなんだウォーキングイベントが、毎年5月と9月に開催されています!...

こんにちは!akkoです!   3月18日(土)実施のみちのく潮風トレイル「冬の野田村 ウォーキング」の募集は、 3月6日(月)をもちまして締め切り致しました。   定員を超える応募がありました! たくさんのご応募、誠にありがとうございました   (akko) ≫野田村観光協会 ≫野田村役場公式 ≫のだ村に暮らすのだ! この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。 野田村観光協会Facebookページはこちら...

...ながら、野田村の自然と地域の魅力にふれるウォーキングイベントです。... 一緒に歩いて楽しいウォーキングイベントにしましょう(*^^*)...

...とお話ができて楽しかったです。冬季にまたウォーキングイベントを開催する予定です。たくさんのご参加をお...

...こんにちは~。今週日曜日にあるウォーキングイベントに備えてはりきって靴を買ったakkoです...

... この野田村トレイル振興会を主催としたウォーキングイベント【のだ・みちのく潮風トレイル クリーンア...

... この野田村トレイル振興会を主催としたウォーキングイベント【のだ・みちのく潮風トレイル クリーンア...

...になってきましたね!(*^▽^*)今年もウォーキングイベント「塩の道を歩こう会」のシーズンがやってき...を運んだ「野田塩ベコの道」の一部をたどるウォーキングイベント。距離は12km、久慈市山根町(上戸鎖)...

このページの上部へ

検索

プロフィール

岩手県九戸郡野田村(沿岸北部・三陸・三陸復興国立公園/陸中海岸国立公園・国道45号)の観光・物産・食、村の“ほっ”とな話題などをご紹介するブログです。

以前の記事