blog_eyecatch.jpg

「みちのく潮風トレイル 冬の野田村ウォーキング」と一致する記事

先週土曜日、「冬の野田村ウォーキング」を開催いたしました。 今回は「みちのく潮風トレイル」ルートのうち 久喜漁港(久慈市)~十府ヶ浦海岸(野田村)間を歩きました!   『道の駅のだ』から久喜漁港へバスで移動、9時ウォーキングスタートで~す。 寒い日でしたが、歩くとすぐ身体があたたまってきました。 途中、作業中の番屋へ立ち寄ると、海藻を干している所でした。 ふのりかな?   さて、この辺りから砂浜に降りて大唐の倉(野田漁港)まで歩きます。 潮の満ち引きや高波で通れたり通れなかったりするんですが、 この日は幸い海岸沿いを歩くことができました 天然の干しアワビを発見したり(たぶんこのあとすぐ鳥さんが食べるでしょう・・) 足元の石や立派な地層、長いツララにロマンを感じたり 砂浜を歩くのは疲れますが楽しいですね!!   砂浜から野田漁港に出て御台場公園を経由し、道の駅へ向かいます。 道の駅であったかい甘酒おふるまい休憩。くぅ~、美味しい!   11時15分頃、野田村役場前の生涯学習センターに到着。 ちょっと早いけど、国民宿舎えぼし荘さんのお蕎麦で昼食です。 たくさん歩いてお腹すいた!天ぷら蕎麦が美味しい   そのあとは「ノルディックウォーキング講演会」 全日本ノルディック・ウォーク連盟の公認指導員でもある宮田恵先生は、盛岡にある病院の先生です。 医療ではカバーできない日常の運動の大切さ、体をつくる食事の大切さ、そしてノルディックウォーキングの効果についてなどご講演いただきました~ 歩くって大事。歩こう。 ちなみに宮田先生は村内で行われたハイキングイベント「塩の道を歩こう会」にも参加してくださったそうです。   さぁ、外へ出て皆さんも実際にやってみます!(ポールは今回レンタルです) 歩幅を大きく、肩から腕を振って、あごはひいて前を見て~ あれ?足と手が一緒に出ちゃう...(汗)   「ノルディック・ウォーク」を簡単に説明すると、スキーのストックのような2本のポールを持ちながら歩くというもの。 ポールを持つことで普通のウォーキングより歩幅が大きくなり、しっかりと腕が振ることで全身運動にもなり、フツーに歩くよりも効果的に運動できちゃいます ここからは十府ヶ浦公園を歩きます。 「みちのく潮風トレイル」ルートでは国道45号となっているんですが、今年度せっかく国道沿いに遊歩道ができたので、こちらを歩きます♪ 車が通らないので安心ですねー。   午後からは雪が降り出してきました。目に雪が入って冷たい。 宮田先生の歩く姿勢の美しさったら。 きちんと意識して歩くと、身体がねじれて二の腕とウエストにききます。これはシェイプアップできそう。   40分ぐらいで十府ヶ浦海岸のそばにある展望休憩施設「ほたてんぼうだい」に到着です 来月3月11日に除幕式を控えている「大津波記念碑」をご覧いただき・・・ そこからちょっと山の上へ登ります! ここはチラシにも使った山頂展望台で、 晴れなら眼下に青々とした太平洋が広がってるはずなんですが、残念、雪でまっしろ 晴れてれば久喜漁港の方まで見えたんですけどね~~。   さぁ、あと一息。『道の駅のだ』を目指します。この頃には雪がもっさもっさと。 というわけで、『道の駅のだ』でゴール!! お疲れ様でございました!   というわけで今回は「みちのく潮風トレイル」のルートを歩きつつ、 ノルディック・ウォークを体験して頂きました。   講師の宮田先生、ガイドさん、そして参加者の皆さん、ありがとうございました       今年の5月には野田村内でトレイルランニング大会(のだ塩の道トレイル実行委員会主催)が開催されます この日はちょうど主催団体の皆さんで下見を兼ねた村内巡りツアーも行われていました。   ご興味のある方は案内ページをご覧くださいね。   第1回のだ塩の道トレイル20K(参加者募集中)     (ハル) ≫野田村観光協会 ≫野田村役場公式 ≫のだ村に暮らすのだ! この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。 野田村観光協会Facebookページはこちら...

こんにちは!akkoです。 昨日のWBC日本×アメリカ、悔しいですね~(>_<) あと1回、試合見たかったなぁ   さてさて先週3/18(土)、野田村トレイル振興会主催で「冬の野田村 ウォーキング」を開催し、遠くは青森県八戸市、県内は一戸町からも参加していただきました。 今回のイベントは、参加者24名・スタッフ9名で野田村のみちのく潮風トレイル区間を含めた、野田村の北側・広内地区から休憩を含めて3時間ほどのウォーキングを行いました! 当日は、お天気にも恵まれ春を感じながら参加者の皆さまと楽しく歩くことができました(^^)   今回は、ウォーキングの前に村中心部にある「ねま~る」にて、 講師の篠 健司(しの けんじ)さんをお迎えし〔トレイルの楽しみ方〕についてご講演いただきました。 神奈川県より足を運んでいただきありがとうございました。 篠さんは、アメリカのアウトドアブランド・パタゴニア日本支社に勤務され長年にわたって企業の環境的・社会的責任に関わるプログラムの構築、実施に携わってこられました。 また公益社団法人「日本自然保護協会」の理事を務めていらっしゃいます! 25年ほど前からトレイルランニングを始め、日本各地、また海外でもトレイルを楽しんでいらっしゃり、野田村には震災前から何度となく訪れてくださり、みちのく潮風トレイル野田村コース設定の際にもご講演いただいています。   まず「トレイル」とは! 皆さんはご存知ですか??   「トレイル」とは、山や森の中、里山、川沿いなどに続いている舗装していない土や石で覆われた、ウォーキングやランニング、自転車、馬などを使って旅をするための道を示すそうです! ★環境省「みちのく潮風トレイル」では、“森林や原野、里山などにある「歩くための道」”と説明しています。 私も詳しく「トレイル」のことを知ることができました。   そして次に、トレイルに出る前の準備についてや、篠さんがこれまでトレイルで行かれた所の写真の紹介をしていただきました。 北海道から沖縄までトレイルに行かれているという篠さん! トレイルを通して、地域のふれあいも大切にしているそうです♪ また台湾と香港の海外のトレイル写真の紹介もしていただきました。 行ったことがなく見たことのない素敵な写真を見て、私も旅をしたい気分になりました。毎日同じ所を車で走るだけではなく、同じ場所でもまず、自分の足で歩くことで新たな発見ができるんだな・・。と実感! 篠さんは、誰も歩いていない雪道を歩くことも好きとおしゃっていました。 雪道ではアニマルトラッキングも楽しみのひとつだそうです!   最後に、トレイルランニングの紹介もしていただきました。 トレイルランニングは、トレイルで行うマラソンのことで15km、50km、100km、長いと160kmの距離を走りタイムを競うそうで、聞いてびっくり|д゚) 篠さんも20km~50kmを走るそうですよ! いや~すごいな~ そしてトレイルランナー石川弘樹さんの、トレイルランニングムービーの紹介もしていただきました! ★こちらからご覧になれます!!★ 思った以上に早いペースで走るんですね! 驚かされました(>_<)!!   講演終了後、バスで野田村の北側・広内地区へ移動しウォーキングのスタートです! 海は広いな~おおきいな~♪♪ 波も穏やか! キラキラしてきれい 1・2・3・4‼ 準備体操をしていざ!スタート‼ ま~るく、つるつるした石発見‼ いろんな形をした綺麗な石がたくさんありました   ここは波が高かったり、満潮に近いと通り抜けできないんですが、幸い当日は海の状態もよく野田港まで浜辺を歩くことができました! 歩きなれない石の上をざくざく歩くのはなかなか大変でしたが、波の音を聞きながら、潮風を感じながら、そして断層を間近で見て触わりながら歩くことができました。   そして野田漁港にある「大唐の倉(だいとうのくら)」の前では、震災ガイドでいつもお世話になっているボランティアガイドの吉田さんに大唐の倉の説明をしていただきました! ここ「大唐の倉」の断層は、はっきりした地層が観察できます! 今から3000万年前形成された「野田層群」と呼ばれる地層で、大唐の倉のトレードマークである白い層は、火山灰と砂が水に流されて堆積したもので、厚さ10m以上の場所もあり植物化石も見つかっているそうです!   大唐の倉を出発し、野田村新山地区へ! 道端の花を撮影する方も! きれいな福寿草が咲いていました   歩きはじめて1時間程で、最初の休憩地点「道の駅のだ」に到着です‼ 道の駅のだでは、野田村の南部福来豚を使った「福来豚まん」のおふるまい! 歩いた後の「福来豚まん」は、ほっかほかでとても美味しく、参加者の方にもとても喜ばれました(*'▽') そして、なんと甘酒もサービスで準備していただきました~ う~ん、美味しい~!ありがとうございました(*^_^*)   心も体もぽっかぽかになった所で再び出発‼ 次は野田村中心部を目指します! 歩くこと10分程、中心部にある大きい鳥居が目印の「愛宕参道広場」! 愛宕参道広場を通り、「愛宕神社」へ ここで階段を80段ほど上りましたが、半分上がったあたりから足元がフラフラに(笑) 息切れ・・。 避難場所となっている愛宕神社に到着! ボランティアガイド吉田さんにはこちらで、震災時の様子など案内していただきました。実際、東日本大震災の時にはこちらの神社には100名以上の方が避難しました。   愛宕神社から裏を通り野田村のお寺「海蔵院」前へ!   海蔵院の周辺にはきれいな“クロッカス”が咲いていました 春の訪れを感じながら♪   次に中心街を離れ、野田小学校の下をまわり「十府ヶ浦海岸」を目指して歩きます! 再び海が見えてきました~(^o^)/ 震災後、十府ヶ浦海岸に新しく整備中のホタテの形が特徴的な展望休憩室『ほたてんぼうだい』に到着! 今日は道路から見るだけ。6月のオープンに向けて整備中です! こちらの展望施設内の壁の原材料には、ホタテの貝殻が使用されています! 施設内には復興の様子や特産品のパネルの展示も! そして屋外の十府ヶ浦海岸を一望できる展望台には、祈念モニュメントが出来る予定です。 オープンしましたらぜひお立ち寄りください!   震災から6年。新しい14mの防潮堤、そして6月オープン予定の都市公園を見ながら国道を歩きました。   そして、休憩を入れて約3時間のウォーキングを楽しんで ゴールの「ねま~る」に到着しました。 お疲れ様でした~! 「あっ、いい匂いがする!」 到着後は、えぼし荘さんのお蕎麦のおふるまいが待っています(*'▽') 野田村産の「椎茸」の天ぷらが入ったお蕎麦は、椎茸の歯ごたえはバツグン! つゆが体にしみてとても美味しかったです!...

こんにちは!akkoです。 まだまだ寒い日が続いてますが、 商工会前の花壇にはチューリップの芽が出てきました~ 春も近いですね(^^)♪ 春が待ち遠しい   さて、来月3月18日(土)、 野田村トレイル振興会主催で「冬の野田村ウォーキング」を開催いたします! 三陸海岸の美しいパノラマを見ながら、野田村の自然と地域の魅力にふれるウォーキングイベントです。   まずは皆さんにトレイルについての楽しみ方を、 講師篠 健司(しの けんじ)さんに伝授していただきます! 〔講師〕篠 健司(しの けんじ)さん 米アウトドア・ブランドの日本支社に勤務し、長年にわたって企業の環境的・社会的責任に関わるプログラムの構築、実施に携わる。 また、アウトドア産業の自然保護基金の運営に参加するほか、公益社団法人日本自然保護協会の理事を勤めている。 25年ほど前からトレイルランニングを始め、日本各地のトレイルを楽しみ、野田村には震災前から何度となく訪れている。   講習会の後、バスで野田村の中沢地区へ移動、新山~村中心部~米田を歩き、休憩地点の道の駅のだでは「福来豚まん」、またゴール地点では「お蕎麦」のおふるまいも楽しめます♪(約10キロのウォーキング行程となっています。)   海の状態がいい場合は、浜辺を歩く区間(中沢~新山)があります(^.^)♪ 三陸海岸の美しいパノラマ ※しけで通行不可の場合は、舗装道路を歩きます!   〔参加方法〕 ・参加には事前のお申込みが必要です。 ・下記に参加申込書にご記入のうえFAXで申し込みいただくか、 お電話でお申込み下さい。 ◆参加申込書は野田村観光協会ホームページから◆ 現在、たくさんの申込みを頂いております。 参加希望の方はお早めにお申し込みください♪   ★参加申込締切は3月10日(金)必着 定員25名に達し次第締切とさせていただきます。 ★3/6定員に達したため募集を締め切りました   一緒に歩いて楽しいウォーキングイベントにしましょう(*^^*) ご参加お待ちしております。   -イベントデータ- 冬の野田村ウォーキング 〔日時〕平成29年3月18日(土)8:30~受付開始 〔場所〕【集合場所】ねま~る(岩手銀行野田支店さま向かい) 8:30 受付開始 9:00 講師による「トレイルの楽しみ方を伝授!」講習会 9:50 バスでスタート地点へ移動 10:00 ウォーキングスタート(約10㎞) 12:45 おふるまい・昼食 ~講師とウォーキングの振り返り~ 13:45 終了・解散 〔料金〕参加料無料(定員25名) 〔予約〕参加には事前申し込みが必要です。参加申込締切3/10(金)必着  〔主催・問合せ先〕野田村観光協会(野田村商工会内) TEL:0194-78-2012 FAX:0194-78-2021   ブログをご覧いただきありがとうございました   (akko) ≫野田村観光協会 ≫野田村役場公式 ≫のだ村に暮らすのだ! この記事が気になりましたらお気軽にコメントやシェアしていただければ幸いです。 野田村観光協会Facebookページはこちら 関連記事 クリーンアップウォーキング ~のだ・みちのく潮風トレイル~- 2016年7月29日(金)...

このページの上部へ

検索

プロフィール

岩手県九戸郡野田村(沿岸北部・三陸・三陸復興国立公園/陸中海岸国立公園・国道45号)の観光・物産・食、村の“ほっ”とな話題などをご紹介するブログです。

以前の記事